本当の意味で時をかけています

名作と名高い、時をかける少女

ボクたちのドラマシリーズとして多くの作品が発表された。その中でも白鳥麗子でございます! についてはシリーズの中で最も評判を得た作品と言っても良いでしょう。それ以外にも『その時、ハートは盗まれた』などの話題作はありましたが、軍配は勝ち気なんだけどやることなすこと全て裏目に出てしまい、片思いの男性からドン引きされてしまう残念系お嬢様に上がった。幕末高校生もコメディとしてみれば十分面白いといえるのですが、やはり白鳥麗子には叶わなかった模様。

その後、白鳥麗子に続けとばかりにまたしても名作として語り継がれ、現在も新たに新規テレビドラマの制作が決まっている『時をかける少女』がこのドラマのラストを飾った。ラストというのは、正真正銘のシリーズが終わるという意味になり、これをきっかけにしてフジテレビでは土曜20時からのドラマ枠を正式に廃止する決断を下したという。何があったのかはその時の状況にもよりますが、やはり白鳥麗子のようなヒット作が出なかったのが関係していると見ていい。なにせその前に発表されたのが『お願いデーモン!』と『幕末高校生』になるからだ。その後に落ち込んだ視聴率を取り戻すため、時かけを題材にすることが決まり、その主演には内田有紀さんの起用と話題性を意識しているのが見て取れる。

それでも奮闘むなしく終わってしまったのだろうが、それがイコールとして原作がつまらないというわけではない。こちらの作品も、やはり以前に何度となく映像化されているせいもあって、そちらの印象が強すぎるという点が関係していると見える。

ドラマたのしいよドラマ

まつげエクステ><マツエク>は、地まつげを2〜3本ずつ束にして付けるボリュームタイプ(付けまつげ)や地まつげ1本に対して1本づつ装着する自然なタイプとがあります。

原田知世さん主演の映画

時かけの映像作品の中で一番話題となったのは、やはり何を差し引いても『原田知世』さん主演の映画でしょう。1983年に公開されたこの映画は、例え世代でなくても度々話題に挙がってはどれだけ面白かったのかを、知っている人に聞かされる。今の人でこの作品を見たという人がどれくらいいるかは分かりませんが、その頃から大まかな話の流れは変わっていません。タイムトラベルをする少女が出くわす、幼なじみの男性との恋物語にどれだけ切なさを感じたか。

そしてこの作品で主演を飾り、一躍トップアイドルの階段を駆け上がっていった原田知世さんの鮮烈な代表作としても有名だ。とはいえ、その前に主演した『セーラー服と機関銃』で機関銃を実際にぶっ放している姿も中々ド迫力なので、この方ほど天に愛されていると言えるのではないか。

ドラマでは内田有紀さん主演

そんな時かけですが、ドラマでは内田有紀さんが主演を果たしている。以前から同シリーズに出演し、中でも『その時、ハートは盗まれた』というデビュー作の縁もあってのことかもしれないが、やはりファンにしてみれば内田有紀さん版の時かけがどうなのかという楽しみもあったと思います。

懐かしの作品が、今度は内田有紀さんを迎えて映像化されたわけですが、実はこの時にも今や超一流と呼ばれるような方々が脇役として出演していた。

まさか、と言えるキャスティング

筆者も驚いたが、この内田有紀さん主演の時かけにはなんと子役として『安室奈美恵』さんが出演し、まだ無名だった『菅野美穂』さんというお二方が出ていられたのです。前者の安室さんはこの当時、どちらかと言えばアイドル的な存在として、歌手デビュー間もなかったことも関係している。今ではライブでの圧倒的なパフォーマンスと、年をとっても変わらぬ美貌で迫力満点の楽曲を世に送り続けている、日本を代表する歌姫として活躍中だ。

菅野美穂さんといえばやはり堺雅人さんとの結婚、出産という経歴だ。女優としても話題作に出演するだけでなく、バラエティに出演してはコミカルな立ち回りと女優らしからぬシニカルな雰囲気に好感を持てる方として、一定以上の地位を得ている女優さんといえます。結婚した折には堺さんを全面的にサポートするために女優業をしばらく休止し、夫の三歩後ろから付いて歩くといった大和撫子ぶりも度々報道されていました。

内田有紀さんという華を添え、後に大スターへと駆け上がっていく安室奈美恵さんと菅野美穂さんも出演していた1994年版の時かけ。話題だけなら抜群だ。

実写化が許せない方へ

少し人とは違うスタイルにしたい!こちらぜひご相談下さい!一緒にオンリーワンのスタイルを作っていきましょう!デザインカラーなど、個性を出したい!

その後も映像化が続く

時かけの映像化は映画にドラマ、さらには2000年代にアニメ化までしている。意外とアニメはもっと古くから作られていてもおかしくないように見えますが、やはり時かけといえば実写版という印象が強い。

元々の話題作を何度もリメイクしては映像として放送する手法は常套ですが、面白さと話題を持つかどうかは必ず保障されているとは限らない。